花粉症の時期になると芽吹くニキビ

Standard

花粉症の時期になるといつも困った事になるのがニキビです。
花粉症と何故ニキビと思われる方も多いとは思いますが、アレルギー用の薬でも効き目が強いとされるのがステロイド系の薬は効き目が良く症状が酷い、2月後半から3月の終わりの約一か月間だけ使用したら、すぐに投薬を止めるので体の血液数値上は問題は出ないのですが、顔と背中にはニキビの症状がかなり出てくるのです。

絞っても絞っても白いニキビがたくさん出たかと思えば今度は化膿してしまい赤く腫れあがるニキビへと症状が変わります。でも薬を止めるとウソの様に綺麗に落ち着く肌を触ろうにも触ることができないので、せめて脂を拭き落とすぐらいなのですが、それが嫌で薬を飲まないでおくと、止まらない咳、鼻水鼻つまりにより呼吸困難になる為にどちらに転んでもたいへんなんです。

季節限定のニキビだと思って今はもうあきらめていますが、ステロイドの効果は免疫を抑える効果がある一方、皮脂を増やす効果が強く出るので踏んだり蹴ったりな状態なんです。ニキビと言うと想像するのが長期間にわたるケアが必要と言われますが、たった一か月でひどくなり2週間程度で消えていくニキビはアクネ菌すら存在していないニキビなので吹き出物かと思い皮膚科に行けばニキビと診断される始末。その大半が白ニキビで押すと中から白い脂が押し出されてすっきりするものの、翌朝にはまた溜まっている状態。

体は年々年を取るのに、毎年花粉シーズンだけ顔と背中は思春期に逆戻りをするので矛盾しているのですが毎年の悩みとなりつつあります。

ニキビに関する体験談

Standard

私は、現在ではニキビや肌荒れに悩まされることはなくなりましたが、中高生頃の思春期にはTゾーンの辺りにニキビが出来たりしていました。
今思うと、何個かポツポツ…くらいだったのですが、当時の私はそれが嫌でたまりませんでした。
そのため、ニキビを良くしたり出来にくくするにはどうしたらいいのかと、色々試しました。
まず基本の洗顔は、必ずよく泡だてて肌を強くこすらないように注意しながら丁寧に洗顔するようにしました。(洗いすぎるのも良くないので、洗顔は朝と夜だけ行いました。)
化粧水,乳液は、いくつか試してみたところ資生堂から出ているもので敏感肌用のシリーズが私の肌に一番合っているようだったので、そのシリーズのものを使用していました。
また、間食などする時には、なるべく油分が多いようなものは避けるようにしました。
さらに、自宅や学校ではなるべく顔をかかない、頬杖をつかないなど、顔に触らないように気をつけていました。
ストレスや睡眠不足も肌に良くないため、休みの日でも早寝早起きを心がけ、規則正しい生活になるようにしていました。
それらのようなことに気をつけていると、いつの間にかニキビや肌の調子が良くなったと思います。
当時はまだ子どもだったので、ちょっとしたことを気をつけていただけですが、それでも随分改善されていました。
大金をかけずとも、日常の中で少し工夫するだけでも肌の状態を良くすることもできるんだな、と感じた体験です。

おでこニキビの予防や治し方について。

Standard

〈おでこニキビの主な原因〉

おでこニキビの原因は、過剰な皮脂の分泌にあります。大人になるとニキビが出来にくくなるというのは、この皮脂の分泌が落ち着くからです。大体の方は20歳を超えると落ち着くと言われています。
せすが、思春期は皮脂の分泌が一番多い時期になりますので、当然ニキビも出来やすい体質となります。
特にこのおでこのニキビや鼻の周りと言ったTゾーンと言われている場所は、皮脂が最も多く出て、
最も多く溜まりやすい場所となっています。
この過剰に分泌される皮脂が思春期のおでこのニキビの原因なのです。

〈清潔を保つことを心がける〉

汗をいいっぱいかいた後とかそのまま放置をしていると、不潔になってしまいニキビが発生しやすい環境を作ってしまいます。
汗を拭くハンカチが何日も洗っていないものを使うや、何もしないまま放置ということはしないようにして下さい。
新しい清潔なタオルで汗を拭く、あぶらとり紙で皮脂を取り除くといったスキンケアをしっかりと行って下さい。
ですが、やり過ぎは厳禁です。皮脂は悪いだけではありません。お肌を感想から守ってくれるという、重要な役目を持っています。適度な清潔保持を心がけて下さい。

〈前髪のかかりすぎに注意をして下さい〉

髪型を少し振り返って考えてみてください。
おでこに前髪がかかっていませんか?自身のヘアースタイルとしては当然直して下さいとは言えませんが、学校や職場で前髪がかかっているのであれば、自宅にいる時はできるだけおでこを出すように心がけて下さい。そうすることおによって、お肌の刺激も解消されニキビの予防や早く治ることが出来ますので。
少し気にするようにして下さい。

〈洗顔〉

毎回の洗顔はお肌に悪くおすすめはしません。
理想は1日に2回です。朝と夜の2回の洗顔を行って下さい。洗顔はニキビに一番有効とされています。
回数をしっかりと守れば、一番の特効薬になってくれます。

白ニキビの治し方~初期ニキビの対策法!

Standard

男女問わず誰にでも出来てしまうニキビ。思春期ニキビから大人ニキビまで悩む人も多いでしょう。出来る原因も種類も様々ではありますが、その中でも初期段階の「白ニキビ」の撃退方法についてお話しします。背中ニキビを治すなら石鹸

まず白ニキビとは一体どういうものなのか。膿が溜まっている黄色ニキビと混同される事がありますが、白ニキビはまだ色がついていない角栓に皮脂が詰まっただけの初期段階のものです。まだ炎症が起こっていないこの状態でしっかりケアをすれば赤ニキビへの悪化を防ぎ、痕が残ってしまう事も避けられます。

・食生活、ストレスの影響で皮脂の分泌が増加
・年齢の影響で肌が乾燥・ターンオーバーの乱れ
この2つが原因の場合は正しい洗顔を継続する事で改善される事がほとんどです。白ニキビができた!と焦って洗いすぎる事は禁物。洗いすぎて必要な皮脂まで落としてしまいかえってニキビの原因を作ってしまう事にもなりかねません。

・間違ったスキンケアで肌が乾燥し逆に皮脂が大量に分泌
・慢性的なニキビ肌になってしまっている
この2つの場合は洗顔・スキンケア方法に問題がある事が多いです。洗顔後に肌がつっぱったりする場合はニキビの原因だけでなく乾燥肌・敏感肌の原因もつくってしまいます。洗顔料は肌に合っているか?顔を洗いすぎていないか?熱いお湯で洗っていないか?1度見直してみましょう。

初期段階の白ニキビへの対策はとにかく「正しい洗顔」です。まだ炎症を起こしていないのでむやみに薬を使うのも危険。薬自体が毛穴に詰まり更にニキビを増やしてしまう事もあります。赤ニキビに悪化させない為にも普段の洗顔を見直して素早いケアをしていきましょう!

ニキビを予防する時は原因を取り除く事が大切

Standard

ニキビが出来てしまう原因は生活習慣の中にたくさんあります。睡眠不足で成長ホルモンの分泌が低下して肌のターンオーバーが乱れたりストレスを溜め過ぎてホルモンバランスを乱してしまい皮脂の分泌が多くなってしまうと毛穴の詰まりが発生してしまいニキビが出来やすくなってしまいます。ニキビを予防していくには洗顔して清潔にする事も大切ですが、ニキビの原因となっているものを取り除く事も予防していくのに大切です。

睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が低下するので睡眠をしっかり取るという事が大切ですが、成長ホルモンは22~2時の間に分泌されやすいと言われているのでこの時間帯に睡眠を取る事が重要です。この時間帯に睡眠を取っておくと皮膚のダメージを修復されて新しく肌細胞が生成されるので肌のターンオーバーも正常に整ってニキビを予防する事が出来ます。ニキビを予防していくために22~2時の時間帯を含めた中で7~8時間を目安にしっかり睡眠を取るようにしましょう。

ストレスを溜め過ぎてしまったら気分転換をするという事を心掛けましょう。自分の趣味に打ち込んだり、散歩間隔でウォーキングをして体を動かすなどするとリラックス効果が高まってストレスが解消されていきます。ストレスが解消されるとホルモンバランスも正常に戻ってくるので皮脂の分泌を抑える事が出来ます。皮脂の分泌量が少なくなれば毛穴に詰まってしまう事がなくなってくるのでニキビを予防していく事が出来ます。

ニキビを早く治すため教わった方法

Standard

私はニキビが出来やすいのか、顎と頬によくニキビがあります。

その相談を栄養士をしている友人に話すと「ビタミン不足だよ。バランスのいい食事とあなたはタバコ吸うからビタミンサプリ飲むといいよ」と勧められて飲み始めました。

普通の食事でもある程度補給出来ますが、調理法などで野菜に含まれる栄養素が抜け落ちてしまうこともあるそうです。

また、日本は電子レンジをよく使いますが、電子レンジだと大切な栄養の電子配列まで変えてしまうらしいので本当はあまり使わない方が良いという話も聞きました。

半信半疑でサプリメントを飲み始めて1週間後に生理だったんですが、いつもよりニキビが出来る数が少なく、出来てもすぐに治るようになりました。

また、栄養を気にして食事を取っていたためか、生理痛もほとんどなく終わりました。

ニキビを外用薬で治す方法ももちろん併用しました。
そうする事で、出来てしまったニキビを早期で治して、ニキビを作りにくい体づくりができました。

昔はよくニキビを潰して脂を出したりもしていましたが、それで治るわけではないし、潰した跡が怪我したかのようにかさぶたになったりしてもっと目立ってしまうこともありました。

それなら、良いサプリメントを利用して体の中から綺麗になる方法の方が私はオススメです。
ニキビトラブル以外の肌トラブルもかなり治って肌のキメも細かくなりました。

バランスの良い栄養を摂取することで、内面から綺麗になり、ニキビが出来にくい体を作る事を私はオススメします。

つい潰したくなるニキビ

Standard

思春期初めの頃から顔にニキビがよくできていた。その頃は「こんな対策がある」というのを調べることも知らなかったので、親に聞いたとおりに爪で挟んで中の膿をにゅるにゅるとひねり出すのが常だった。それが肌によくないと聞いたのはだいぶ後のことで、やめなければと思いつつも一度ついた習慣は消えなかった。何より指でつまめば潰れてなくなるので、「解決した達成感」があるのが厄介だった。今僕の顔にはシミが点々とある。はっきり理由を断定はできないが、ニキビを無理に潰してきたせいだと個人的にはおもっている。

思春期を過ぎ去った今でもニキビはできる。原因は体調の変化なのだろうか、カミソリ負けしたところにできることもあるのでよくわからない。「潰せばシミになる」という恐怖感はあるのだが、未だにやはり潰してしまう。実は背中にニキビができた時があり、そのときは爪で潰しようもなかったので普通に気をつけて洗っていたら直ってしまった。それが顔となると衝動を抑えられず、爪で挟んで、中の膿の芯まで飛び出し、後は血だけが出てくるところまで痛みをこらえてやるのだ。自分で言いながらバカみたいに思える。ニキビが出来きってないときに潰そうとして痛むだけ痛んで膿などまったく出てこないときもあるから、そういう時はますますバカらしく思う。

子供の頃についた習慣というのは誰しも治しにくいものだと思う。最初のうちから各家庭、僕の家庭でもニキビ対策が広まっていればとよく思う。