ニキビを予防する時は原因を取り除く事が大切

Standard

ニキビが出来てしまう原因は生活習慣の中にたくさんあります。睡眠不足で成長ホルモンの分泌が低下して肌のターンオーバーが乱れたりストレスを溜め過ぎてホルモンバランスを乱してしまい皮脂の分泌が多くなってしまうと毛穴の詰まりが発生してしまいニキビが出来やすくなってしまいます。ニキビを予防していくには洗顔して清潔にする事も大切ですが、ニキビの原因となっているものを取り除く事も予防していくのに大切です。

睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が低下するので睡眠をしっかり取るという事が大切ですが、成長ホルモンは22~2時の間に分泌されやすいと言われているのでこの時間帯に睡眠を取る事が重要です。この時間帯に睡眠を取っておくと皮膚のダメージを修復されて新しく肌細胞が生成されるので肌のターンオーバーも正常に整ってニキビを予防する事が出来ます。ニキビを予防していくために22~2時の時間帯を含めた中で7~8時間を目安にしっかり睡眠を取るようにしましょう。

ストレスを溜め過ぎてしまったら気分転換をするという事を心掛けましょう。自分の趣味に打ち込んだり、散歩間隔でウォーキングをして体を動かすなどするとリラックス効果が高まってストレスが解消されていきます。ストレスが解消されるとホルモンバランスも正常に戻ってくるので皮脂の分泌を抑える事が出来ます。皮脂の分泌量が少なくなれば毛穴に詰まってしまう事がなくなってくるのでニキビを予防していく事が出来ます。

Leave a Reply