花粉症の時期になると芽吹くニキビ

Standard

花粉症の時期になるといつも困った事になるのがニキビです。
花粉症と何故ニキビと思われる方も多いとは思いますが、アレルギー用の薬でも効き目が強いとされるのがステロイド系の薬は効き目が良く症状が酷い、2月後半から3月の終わりの約一か月間だけ使用したら、すぐに投薬を止めるので体の血液数値上は問題は出ないのですが、顔と背中にはニキビの症状がかなり出てくるのです。

絞っても絞っても白いニキビがたくさん出たかと思えば今度は化膿してしまい赤く腫れあがるニキビへと症状が変わります。でも薬を止めるとウソの様に綺麗に落ち着く肌を触ろうにも触ることができないので、せめて脂を拭き落とすぐらいなのですが、それが嫌で薬を飲まないでおくと、止まらない咳、鼻水鼻つまりにより呼吸困難になる為にどちらに転んでもたいへんなんです。

季節限定のニキビだと思って今はもうあきらめていますが、ステロイドの効果は免疫を抑える効果がある一方、皮脂を増やす効果が強く出るので踏んだり蹴ったりな状態なんです。ニキビと言うと想像するのが長期間にわたるケアが必要と言われますが、たった一か月でひどくなり2週間程度で消えていくニキビはアクネ菌すら存在していないニキビなので吹き出物かと思い皮膚科に行けばニキビと診断される始末。その大半が白ニキビで押すと中から白い脂が押し出されてすっきりするものの、翌朝にはまた溜まっている状態。

体は年々年を取るのに、毎年花粉シーズンだけ顔と背中は思春期に逆戻りをするので矛盾しているのですが毎年の悩みとなりつつあります。

Leave a Reply